ビットコインは儲かるか?現役女子大生がビットフライヤーでBTC、ETH、Monaの買い方売り方を解説。口コミと評判はあてになるか?

女子大生が仮想通貨をやってみた

仮想通貨の用語集

アルトコイン (altcoin) とは

更新日:

 

 

アルトコインとは

アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨(価値記録)の総称です。ほとんどのものはビットコインを元にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

全世界で1,100種類以上のコインが作成されてると言われています。代表的なアルトコインに、イーサリアム、ライトコイン、日本発祥のモナーコインなどがあります。

 

アルトインの種類

代表的なアルトコインは次の通りです。

 

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • オーガー(REP)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ダッシュ(DASH)
  • モナコイン(MONA)
  • MONERO(XMR)
  • ファクトム(FCT)
  • ネム(XEM)
  • リスク(LSK)
  • GameCredits(GAME)
  • ネオ(NEO)
  • IOTA(IOT)
  • OmiseGo(OMG)
  • Qtum(QTUM)
  • TenX(PAY)
  • Hshare(エイチシェアー:HSR)
  • SONM(ソン:SNM)
  • BitConnect(ビットコネクト:BCC)

 

アルトコインは、なぜこんなに多いのでしょうか?

 

これは、ビットコインのプログラムが公開されていることに関係しています。

 

ビットコインのプログラムは全て公開されています。

また、思想となる論文も公開されています。

すなわち、論文を読んでプログラムを見れば、どのような作りになっているのか分かります。これからアルトコインを作ろうという人にとっては、これは大きな材料です。

 

初期段階の試行錯誤を全て飛ばして、新たなアルトコインを開発できます。

このメリットを最大限に生かし、最初に作られたアルトコインはライトコイン(Litecoin)です。ビットコインと全く同じでは存在価値がないかもしれませんが、ライトコインは当時のビットコインでユーザーから出ていた不満を改善する措置をとっています。

なお、ライトコインを参考にして作られたのが、日本発の仮想通貨である モナコイン(monacoin) です。

 

それでは、代表的な仮想通貨の相場を見てみましょう。

ビットコイン/Bitcoin (BTC)の相場

最も代表的な仮想通貨であるビットコイン。

 

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash (BCH)の相場

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークです。

ハードフォークについてはコチラをご覧ください。

ハードフォークとソフトフォークとは

 

イーサリアム/Ethereum (ETH)の相場

イーサリアム (Ethereum, ETH)・プロジェクトにより開発が進められている、分散型アプリケーション(DApps)やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称である。

イーサリアムでは、イーサリアム・ネットワークと呼ばれるP2Pのネットワーク上でスマート・コントラクトの履行履歴をブロックチェーンに記録していく。またイーサリアムは、スマート・コントラクトを記述するチューリング完全なプログラミング言語を持ち、ネットワーク参加者はこのネットワーク上のブロックチェーンに任意のDAppsやスマート・コントラクトを記述しそれを実行することが可能になる。ネットワーク参加者が「Ether」と呼ばれるイーサリアム内部通貨の報酬を目当てに、採掘と呼ばれるブロックチェーンへのスマート・コントラクトの履行結果の記録を行うことで、その正統性を保証していく。このような仕組みにより特定の中央管理組織に依拠せず、P2P全体を実行環境としてプログラムの実行とその結果を共有することが可能になった。

 

イーサリアムクラッシック/Ethereum Classic (ETC)の相場

THE DAO事件と呼ばれるイーサリアムの脆弱性を突かれたハッキング被害があり、それをきっかけにイーサリアムとイーサリアムクラシックは、分裂しました。

 

リップル/Ripple (XRP)の相場

リップルは、Googleが出資したことで有名です。

仮想通貨としてのリップル (XPR) は、“ゲートウェイ”と呼ばれる業者を通して法定通貨やビットコインと交換することができます。リップルプロトコルで法定通貨を送付するときにXRPを消費します。

 

ライトコイン/Litecoin (LTC)の相場

元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏が公開したライトコインは、オープンソースであるビットコインをもとにしていますが、最大の特徴はビットコインの1/4の約2分半で送金が完了する点です。

 

モナーコイン/MonaCoin (MONA)の相場

モナーコイン(モナコイン)は日本の巨大掲示板”2ちゃんねる”より生まれ、2013年12月23日に公開された日本初の暗号通貨(仮想通貨)です。2014年1月1日より現ブロックチェーンに移行しました。クライアントプログラムはオープンソースを用い、モナーコインプロジェクトにより作成・公開されています。モナーコインプロジェクトではコインの発行・運営はしておりません。モナーコインは利用者が実行しているクライアントプログラムが形成するモナーコインネットワークによって維持されており、管理者等は存在しません。

 

ペペキャッシュ(PEPECASH) の相場

ウソのような本当の名前、ペペキャッシュ。

急騰して日本で人気があります。

 

ビットコインを買うにはビットフライヤーへ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

-仮想通貨の用語集
-,

Copyright© 女子大生が仮想通貨をやってみた , 2018 AllRights Reserved.