ビットコインは儲かるか?現役女子大生がビットフライヤーでBTC、ETH、Monaの買い方売り方を解説。口コミと評判はあてになるか?

女子大生が仮想通貨をやってみた

仮想通貨の用語集

チューリップバブルとは

投稿日:

 

 

チューリップバブルとは

チューリップバブルは1636年から1637年に起こった世界最初の金融バブルです。

 

画像は以下からの引用です。

http://www.shtfplan.com/tulip-bubble

 

 

Wikipediaに詳しく書かれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/チューリップ・バブル

チューリップ・バブル(蘭: Tulpenmanie、 Tulpomanie、 Tulpenwoede、 Tulpengekte、 bollengekte。英: Tulip mania、Tulipomania、チューリップ狂時代とも)は、オランダ黄金時代のネーデルラント連邦共和国において、当時オスマン帝国からもたらされたばかりであったチューリップ球根の価格が異常に高騰し、突然に下降した期間を指す。

チューリップ・バブルのピーク時であった1637年3月には、1個当たり、熟練した職人の年収の10倍以上の価格で販売されるチューリップ球根も複数存在した。

1619年から1622年にかけて、三十年戦争の戦費調達のためにヨーロッパ全体で行われた貨幣の変造「Kipper-und Wipperzeit」にも、バブル経済類似の熱狂が存在したと指摘する研究者もいるものの、チューリップ・バブルは、記録に残された最初の投機バブル(またはバブル経済)であると一般に考えられている。「チューリップ・バブル」という語は、今日では、資産価値がその内在価値を逸脱するような大規模なバブル経済を指してしばしば比喩的に用いられる。

 

 

今の、ビットコイン市場は、果たしてバブルと言えるのかどうか?

買い支える人がいなくなれば、突然暴落することはあり得るかもしれません。

ただ、それがいつになるかは誰にもわかりません。

 

ビットコインを買うにはビットフライヤーへ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


 

-仮想通貨の用語集
-,

Copyright© 女子大生が仮想通貨をやってみた , 2018 AllRights Reserved.