ビットコインは儲かるか?現役女子大生がビットフライヤーでBTC、ETH、Monaの買い方売り方を解説。口コミと評判はあてになるか?

女子大生が仮想通貨をやってみた

超簡単!仮想通貨 (ビットコイン、モナコイン等) をビットフライヤーで始める方法

 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

みなさん、こんにちわ。

最近、
bitFlyer(ビットフライヤー)
で、ビットコインを始めた現役女子大生のマリナです。

 

ビットコインを始めとした仮想通貨って流行っていますが、いまいち、つかみどころがなくてわかりにくいですよね。

 

怪しいと感じている人も多いと思いますが、政府広報オンライン に以下のように記載されていました。

「仮想通貨」を利用する前に知ってほしいこと。
平成29年4月から、
「仮想通貨交換業(仮想通貨交換サービス)」
に関する新しい制度が開始されました

政府が認めているので、安心できそうかなって思いますよね。

 

ビットコインについては以下にまとめました。

ビットコイン (BTC, Bitcoin) とは

 

ビットコインをはじめとした仮想通貨には、解説サイトも多いですが、情報量が多すぎたり、複雑すぎたり、そんなこんなで参入しにくい人のために、ビットコインを先日始めたばかりの私、マリナが超簡単にビットコインの買い方、売り方を説明します。

 

ビットコイン 仮想通貨の取引所 おすすめランキング

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

まず、仮想通貨の売買には取引所に登録して売買する必要があります。

株式で言うところの大和証券とか楽天証券とかの証券会社に相当する所ですね。

 

2014年にはマウントゴックスの事件がありましたが、こういった事件を踏まえたのちに、大手も参入し、現在は取引所には保険なども完備されています。

マウントゴックス (MTGOX)とは

 

 

ビットコイン等の仮想通貨取引を始めたいけどどこではじめていいのか分からないという方のために、おすすめの3つの取引所をまとめました。

 

①bitFlyer(ビットフライヤー)
②Coincheck(コインチェック)
③Zaif(ザイフ)
の3つです。

 

どの取引所も、話題になったビットコインキャッシュも取り扱っています。

私はこの3つを使用していますが、それぞれの特徴や私がなぜ利用しているかも含め、各取引所の情報をまとめてランキングにしました。

 

 

まず取引規模です。

取引規模

ビットコインの取引規模から比較してみましょう。

bitFlyer CoinCheck Zaif
取引量 約10万BTC
(世界3位)
約3万BTC
(世界14位)
約1.1万BTC
(世界22位)

情報参考元:Bitcoin Exchanges Volume Ranking - Coinhills

bitFlyerがダントツですね。

 

 

次に会社の資本金です。

資本金

bitFlyer CoinCheck Zaif
資本金 41億 0.92億 8.3億

情報参考元:http://corporate.coincheck.com/ https://bitflyer.jp/ja/company https://corp.zaif.jp/outline/

これも、bitFlyerがダントツですね。資金力がある会社の方が安心感があるのは確かです。

 

 

最後にセキュリティ対策です。

セキュリティ対策

bitFlyer CoinCheck Zaif
セキュリティ対策 ◎(損保加入) △~○

ビットコインの購入やデイトレを各取引所で行うにあたり、相応の金額を取引所に預けることになります。取引所が安心・安全でなければ不安が生まれますし、大金を預けるのに躊躇してしまいますよね。この項目では各取引所がどういったセキュリティ対策を行っているかを調査しました。Bitflyerが損保に加入していることがニュースとして公表されていました。

 

 

 

以上をまとめて、仮想通貨の通貨取引所のランキングは次の通りです。

仮想通貨取引所ランキング

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

詳細を見る

bitFlyer(ビットフライヤー)
運営会社 株式会社bitFlyer
総合 ★★★★☆ 4.0
手数料 ★★★★☆ 4.0
取引量 ★★★★★ 5.0
手数料 0.01~0.15% アプリ iPhone Android
入金方法 銀行振込
コンビニ入金
クレジット決済
取扱ライトコイン イーサリアム
ライトコイン
モナコイン
※その他、合計6種類
bitFlyerは、2014年1月に日本で初めて設立されたビットコインの取引所です。リクルート、GMOインターネットなど様々な有名大手が出資しており、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力です。FXのようにレバレッジをかけた売買ができるのも特徴で、それを含めるとビットコインの取引量が圧倒的に多いのがbitFlyerです。
アルトコイン(イーサリアム等の、ビットコイン以外の仮想通貨の事)の取扱銘柄数はCoincheck等のほうが多いので、マイナーな仮想通貨を購入したい場合はここだけだと満足できないかもしれません。
ビットコインを買いたい人は、信用力や、安全性を考えると、ここが最良だと思います。
私はスタートするにあたり、大切なお金に関わることなので信用力や資本力は高いに越したことは無いと考え、まずbitFlyerの開設をしました。

・bitFlyerの詳細はこちら

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

詳細をみる

Coincheck(コインチェック)
運営会社 コインチェック株式会社
総合 ★★★★★ 5.0
手数料 ★★★★★ 5.0
取引量 ★★★★☆  4.0
手数料 0%(期間限定) アプリ iPhone Android
入金方法 銀行振込
コンビニ入金
ペイジー入金
クレジット決済
取扱ライトコイン イーサリアム
ネム
リップル
※その他、合計13種類
様々なアルトコインの取引が出来る事が魅力の取引所です。ビットコインのみの売買しかしないようなら必要ないかもしれないですが、様々な仮想通貨を取引したい場合、ここは開設すべき取引所だと思います。
様々なコインを扱っているので、いろんな通貨のチャート確認にも使えるなど、何かと便利です。
私はアルトコインの購入と、チャートの確認に利用しています。
「トレードビュー」という画面がとても便利で、株のチャートのような見た目でコインの価格の推移が見られますスマホアプリも非常に使いやすいので、ここに登録したらアプリも是非利用してみて下さい。
取引所としてだけでなく、ビットコイン決済サービスの「coincheck payment」、ビットコインで寄付できるプラットフォーム「coincheck donations」なども手がけている会社で、熊本地震などの際にはビットコインを使ったクラウドファンディングの支援活動もして話題になりました。

・coincheckの詳細はこちら

 

詳細を見る

Zaif(ザイフ)
運営会社 テックビューロ株式会社
総合 ★★★★☆ 4.0
手数料 ★★★★★ 5.0
取引量 ★★★☆☆ 3.0
手数料 -0.01~0.1% アプリ iPhone Android
入金方法 銀行振込
コンビニ入金
ペイジー入金
クレジット決済
取扱ライトコイン イーサリアム
ネム
モナコイン等5種類
※その他、トークンの取扱あり
Zaifは取引手数料がマイナスになるという、面白い特徴をもっています。
頻繁に売買する場合は、ここを利用するとメリットがあります。またトークンの取扱もあるという点が特徴的で、トークン(ICO)に興味がある場合登録しておいて損はないと思います。
さらに、Zaifではアルトコインをコインチェックより安く購入できるメリットがあったり、一定の条件を満たすとログインするだけでボーナスがもらえる特典や、定期積立の機能があるなど、他には無い興味深い機能が沢山ある、メリットの多い取引所です。
こちらもこの機会に登録しておく事をおすすめします。ただし若干管理画面がこなれていないので、bitFlyerやcoincheckと比べると使いにくいと感じるかもしれません。
私は頻繁に売買はしないのでマイナス手数料は大きなメリットにはならないですが、今後のトークンの動きに注目しているので、何か動きがあった時にすぐに動けるよう、こちらも開設しています。

・Zaifの詳細はこちら

 

 

比較をまとめると、次の通りです。

bitFlyer CoinCheck Zaif
取引量 約10万BTC(世界2位) 約1万BTC(世界19位) 約1.2万BTC(世界21位)
資本金 41億 0.92億 8.3億
セキュリティ対策 ◎(損保加入) △~○
アプリランキング 圏外 7位 109位
アプリ点数 3.4点 3.8点 3.5点
チャットボリューム 約10回/分 約30回/分 約5回/分
レバレッジ 最大15倍 最大5倍 最大7.77倍
現物とFXの区別 現物とFXは別板 同一板 同一板
先物取引 あり なし あり
取引手数料 FXは無料
現物は最大0.15%
無料 -0.05%
スワップ手数料 0.04%/日 ロング 0.04%/日
ショート 0.05%/日
0.039%/日
FXは利確すると0.7%の手数料
その他
仮想通貨取扱
ETH,MONA ETH,XRP
など11種
MONA,NEM

 

アルトコイン 仮想通貨の種類 ビットコイン(BTC) だけではない

仮想通貨と言えば、ビットコインばかりに目が行きがちですが、ビットコインだけではないんですよ。

 

ビットコイン (BTC) を筆頭に、アルトコインと呼ばれる「ビットコインの代わりのコイン」があり、
ビットコインを基にしてビットコインを補う形で様々な用途で作られています。

 

アルトコインについては以下に詳しく説明しました。

アルトコイン (altcoin) とは

 

主なアルトコインは次の通りです。

  • ビットコインキャッシュ (BCH/BCC)
  • ビットコインゴールド (BTG)
  • SEGWIT 2X (B2X)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガ(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • モナコイン/モナーコイン(MONA)
  • エイダ(ADA)
  • アリス(ALIS)
  • デジバイト(DGB)

 

 

ビットコイン 仮想通貨の取引時間

ビットコイン 仮想通貨は、株式と異なり、24時間365日取り引きできます。

 

ただし、多くの取引所では電話でのサポートは行っていないようです。

ビットフライヤーの公式サイトには以下のように記載されています。

https://bitflyer.jp/ja-jp/faq/9-10

電話でサポートを受けられますか?

大変恐縮でございますが、電話でのサポートは承っておりません。お問合せフォームまたはメールにてお問い合わせくださいませ。

 

ビットコインの相場を見てみましょう

ビットコイン 長期チャートと価格推移 相場表

 

ビットコイン 仮想通貨の今後、将来はどうなるの?

ビットコインはバブルなんでしょうか?

そしていずれ、崩壊して、暴落するんでしょうか?

 

様々な考察が出回っており、チューリップバブルになぞらえたりする人もいます。

チューリップバブルとは

 

2017年6月の記事では、以下のように述べられています。

仮想通貨時価総額5兆ドルも 今後5年で業界成長の可能性

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170629/mcb1706290500005-n1.htm

ソフトバンクが買収で合意した米フォートレス・インベストメント・グループで、かつてファンドの運用を担当したマイケル・ノボグラーツ氏は27日、ブルームバーグとのインタビューに応じ、仮想通貨の時価総額について、今後5年で5兆ドル(約560兆円)を上回る可能性があると指摘した。

 

 

また、2017年9月の記事では、以下のように述べられています。

ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

https://bittimes.net/news/3249.html

中心に位置付けられる「通貨」が、企業一社の時価総額に満たないことからも、「ビットコインの市場規模はまだまだこれから大きくなる。」と判断しても良いでしょう。

 

 

中でも、私が気に入っている以下の考察は素晴らしいです。

「ビットコインバブルは崩壊するのか?政府の規制とインターネットバブルの歴史から未来展望を考えてみる」

https://blockchainexe.com/history_future/

 

一言で言うと、2000年のITバブルを例に例え

重要なのは「バブル期の異常」を経て「市場が健全化し、”IT”が多様化した」という点です。

と言っています。

 

(https://blockchainexe.com/history_future/ から引用)

 

ITという分野に目を向けた時、

2001年にドットコムバブルは崩壊し一気に時価総額は落ちたものの、その後、復調し現在は成熟しつつあると言えるでしょう。

 

 

一方、現在は、ビットコインが一強の中、さまざまなアルトコインが存在し、加熱する仮想通貨市場。

果たしてどこまで、市場が成長するのでしょうか。

 

ビットコインを買うにはビットフライヤーへ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

更新日:

執筆者:マリナ

Copyright© 女子大生が仮想通貨をやってみた , 2018 AllRights Reserved.